夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

妊娠中期も葉酸サプリの必要性を実感

こんにちは、しるみです。

妊活中から毎日のように愛用して飲んでいた葉酸。

 

もちろん、妊娠初期の器官形成期においての葉酸摂取の必要性は厚労省も提示している通り、今では妊活中〜妊娠初期の葉酸摂取は常識となりつつあります。

しるみの通っている産婦人科でも、妊娠10週までは必ず葉酸を摂取するように、と指導がありました。

 

www.fufu-ninkatsu.com

 

 

真面目に飲んでいた葉酸ですが、つわりがズルズルと続き、摂取する事がしんどくなってきたため、結局4ヶ月目には長い事飲み続けていた葉酸を一旦やめていました。

 

器官形成期の大切な時期にしっかり葉酸を飲んだからもう大丈夫。

なんとなくそんな気持ちでいましたが、身体は疲れ易くいつもだるい、赤ちゃんのためにしっかり栄養をとれているのかが心配。

そして、なによりも貧血が進行しやすい妊娠中の身体において鉄分を食べ物のみの摂取に頼っていいものか、と次第に考えるようになりました。

妊娠中は赤ちゃんの成長に伴い、通常よりも多くの栄養素を必要とします。

特に、鉄分やカルシウムは赤ちゃんの成長のために取られてしますので、自分に回ってくる栄養素がどうしても少なくなりがちです。

そのため妊娠中期以降は、立ちくらみを感じたり、動悸や息切れを感じる方が多いのかと思います。

実際しるみもフラフラしてしまい、歩くのも辛い状態になってしまう時がありました。

一般女性の鉄分1日あたりの推奨摂取量は10mgと言われていますが、実際には3mg程度しか摂取できていないのが現状だそうです。

現代女性に貧血が多いのも、当然といえる数値ですし、妊娠期においてより多くの鉄分を必要している妊婦の方々にとっては、到底足りない数値でもあります。

 

そこで、妊娠中期の6ヶ月目くらいよりまたベルタ葉酸摂取を再開し始めました。

1日推奨摂取量である4粒中のベルタ葉酸には鉄分16mgが含まれています。

》ベルタ葉酸サプリで鉄分を補って妊活中の貧血対策を行う

 

ベルタ葉酸で鉄分を補う

 

葉酸を摂りすぎると、喘息の子が産まれる、といったデータもあるようですが、1日あたり400μgの摂取量を守れば問題ないと言われているようです。

しるみの場合、必ずしも毎日ノルマのように葉酸を飲む、としているのではなく、忘れる日があってもまあいいか位の気軽な気持ちで1日400μgの上限を守って飲むようにしています。

 

しるみが妊活中からずっと飲んでいるベルタ葉酸サプリは、葉酸の他、各種ビタミン、ミネラル、野菜成分、鉄分、カルシウムの他、燕の巣等の美容成分が配合されています。もちろん、加工した葉酸ではなく、天然成分のみで出来た添加物の入っていない安心できる葉酸です。

妊活に全力で励んでいた昨年夏に備忘録として書き記した、ベルタ葉酸の記事も参考にしていただければ幸いです。 

www.fufu-ninkatsu.com

 

f:id:subten:20160307100150j:plain

疲れていて多少食事が偏ってしまったとしてもサプリメントを飲んでいるから大丈夫かな、という穏やかな気持ちにも繋がりますし、そうした事で「しっかり毎日料理をしなきゃ。」「栄養バランスを考えた食事にしなきゃ。」といったプレッシャーからも若干解放されるように思います。

働きながらの妊娠生活を送っているしるみにとって、やはり仕事をこなすだけで精一杯な日も多く、赤ちゃんのためにはもう少し品数を増やしたいところだけども増やせない、手作りのお弁当を持っていきたいけれども作れない、といった葛藤がありましたので、その安心感は大きなものでした。

f:id:subten:20160307100238j:plain

(こんな簡単一品メニューの日もあります・・・。ちなみにこれは、前日の残りのハッシュドビーフごはんです。) 

 

妊娠初期のころのように、カツカツした気持ちで、絶対に飲み忘れることなく毎日摂取しなければ、というわけではなく、純粋に栄養素をまんべんなく摂取するために飲もう、というスタンスで妊娠中期以降も続けられれば良いのかと思います。

 

まだ先の話にはなりますが、授乳期においても葉酸摂取の必要性は推奨されていますので、葉酸とはまだまだ長いお付き合いになりそうです。