夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

妊娠中期まとめ② (妊娠6ヶ月目)

妊娠6ヶ月目突入です。ようやく折り返し地点です。

振り返るとあっという間のような気もしますが・・・1日1日濃い毎日を送っています。

主に仕事に疲れてハアハアしている気がします。

 

●20w目

念願の6ヶ月目突入です。

稽留流産を経験した頃は、6ヶ月といえば安定期であり、なんとなくしっかりもう妊婦さん、という漠然としたイメージを持っていましたが、いざなってみると、思いのほかお腹は大きくならないし、ピンピン動き回れるわけでもないし、想像と現実のギャップを感じていたりします。

お腹は後期に入って急に大きくなる、と言われる方が多いそうですね。

5ヶ月目と6ヶ月目のお腹のシルエットを鏡越しに見てみても、正直あんまり大きくなった感はしません。

 

この週は定期検診にて、胎児ドッグなるものをしてきました。

近代のエコー技術の進化はすごいですね。各器官細かいところまでチェックすることが出来ることに驚きました。

体重は450グラム程になっており、エコー中も先生が困るくらい動き回るという元気ぶりでホッコリしてしまいました。

記念に胎児ドッグのDVDを頂きましたが、先生の説明がない無音のDVDでしたので、はたから見ると何が何だかわからない感じに。

性別はまだわかりませんでした。(というか、教えてくれませんでした。最近は22w目以降でないと性別は教えない、などとそれぞれ決めているクリニックが多いそうです。)

 

そして、入眠中に足をつるようになったのも20wから。

ふとした時にこむら返りが起こり、激痛で目を覚ますということが連続して何日かありました。お腹が大きくなってくると、血管が圧迫されて下半身の血流が悪くなり、こむら返りを起こす方が中期ころより急増するそう。

これが噂の・・・と思いながらも痛みにのたうち回りました。

同時にしるみを悩ませるマイナートラブルが腰痛。

看護師という職業柄、もともと腰痛は職業病で持っていましたが、生活に支障を来す程ではありませんでした。

が、この頃は大きくなってきたお腹を自然に庇うのか、気がつくといつも仰向けで寝ている状態。

おかげで、目を覚ますと必ずといっていい程腰痛があります。

まだまだ生活に支障を来すレベルではありませんが、ストレッチなどをしながらこれ以上悪化しないようにしなければ・・・と痛感しています。

(マタニティヨガのDVDを購入したものの、一度も実践していないという怠けっぷり。そろそろ本気で始めねば・・・・。喝!!)

 

●21w

21wに入ったころから、食欲がやけに旺盛になりました。といっても、一度に食べられる量は少ないのですが、空腹を感じるたびにどでかいクッキーやらせんべいやらを好んで食べるようになり、あげくの果てには揚げ物にマヨネーズをかけて食べたくなるという始末。メンチカツにコロッケ、アジフライなどを好んで食べていました。

身体がカロリーを欲している気がします。

ちなみに、つわりで5キロ減った体重はまだ元の数値に戻っていませんが、検診の時に先生になにも言われないので、あまり気にしないようにしています。

 

そして、22wが流産と早産のボーダーラインだということをこの週に始めて知りました。

切迫流産、切迫早産の違いは何だろう、と漠然と思っていた知識のなかったしるみですが、22wがボーダーラインで、22w以前に産まれてきてしまった場合は、生存のための処置を一切しない、という現実を知り、愕然としました。

22w0dで産まれてきた子には、生存のために全力で医療を施すのに対して、21w6dで産まれてきた子には、流産とみなして一切の処置を行わない・・・。

たった1日の違いですが、その違いが生死を分けるかと思うと、22wを無事迎えることがひとつの目標だな、と身が引き締まる思いになりました。

実際、切迫流産で治療や安静にされている方々は、まず22wを越すことをひとつの目標にしているのだそう。

その後、24w、26wと徐々に目標を伸ばしていき、最終的に各器官が体外に出ても成熟した状態の34wを目指すのだそう。

今までは知らなかったこんな知識も、妊娠を通して知る事が出来ましたが、まだまだ未知の領域が多いなあ、と感じる毎日です。

 

⚫️22w目

無事に22W目に入れたことに、まずはホッと一息・・・。

 

 この週は、妊娠初期に悩まされた全身の痒みが復活。

特に、デリケートゾーン(両鼠径部)に湿疹が出て痒みが尋常じゃないことに。

場所が場所なだけにボリボリ掻くわけにもいきませんが、夜中寝ている時に気がつくと無意識に掻いてしまっています。

このまま色素沈着してもいけない、と危機感を覚えネットで「妊婦 かゆみ」で検索。

皮膚科に行ってステロイドなどを処方してもらっている方も多いなか、「よもぎ湿布」がかゆみに効くという情報があり、早速購入。

f:id:subten:20160227171749j:plain

要は、コットンやガーゼによもぎローションを浸して皮膚をパッティングする方法なのですが、つけた後スースーするので一時的にかゆみはやわらぎます。

保湿効果もあるので、しばらくは続けてみようと思います・・・。

お腹、背中、下肢や肩にも湿疹がじわじわ広がり始め、なんだかもう痒み地獄に。

妊娠性掻痒症という立派なマイナートラブルのひとつのようです。

いつまでこの痒みと戦えばいいのか・・・。

他にも、手足むずむす病などのマイナートラブルが出る方もいらっしゃるそうですが、しるみの場合は今の所大丈夫そうです。(友達はこれが大変辛かったらしい。)

人それぞれ出現するマイナートラブルは違いますが、何かしらの変化が出る妊娠中の身体・・・。人体って不思議ですね。

 

⚫️23w目

相変わらず痒みと戦う日々が続いています。

徐々にお腹が主張を始め、周りの方々からも「お腹出てきましたね」と言われることが増えました。

初めてマタニティスカートなるものを1着買いました。

ゴムのズボンやスカートで過ごしてきましたが、そろそろ限界・・。

履いてみて、そのはき心地の良さに感動。

マタニティ服って、苦しくない!(当たり前。)もっと早くから購入していれば良かったな〜と少し後悔・・。

 

最終的に子宮は臨月のころにはみぞおちの辺りまで大きくなるらしいのですが、現在、胃の辺りまで迫ってきているのがわかります。

大きくなった子宮に臓器が圧迫される影響で、動悸や息切れが出始める時期らしいのですが、しるみももれなくハアハアしています。

歩く速度も、もはや亀並み。そして、若干ガニ股歩き。

チマチマ歩かないとすぐにはあはあしてしまいます。

もともと頻脈のため動悸は感じやすい体質なのですが、より一層ハアハアしている気がします。検索してみると、やはり6ヶ月ころより動悸を感じる方が多いようです。

足のむくみやすさを自覚したのもこの時期から。

3〜4時間ほど友達と食事をした後に、足が浮腫んで調子が悪くなったというエピソードがありました。

大きくなったお腹に圧迫されて下肢の血流が滞ってしまうので、同じ体制で過ごすのは良くないんだと実感。

適度に動いて血流を維持したり、むくみ予防の靴下を積極的に履いた方が良さそうです。

次々出てくる妊娠中のマイナートラブルですが・・・

赤ちゃんがスクスクと成長してくれているからこそのものだと前向きに捉えて日々過ごしていきたいと思います。

 

 ちなみに・・・

今まで送ってきた妊娠生活の中ではマイナートラブルの出現はあったものの、6ヶ月目が一番快適にすごせたように思います。

5ヶ月目よりも体調が安定することが多かったので、外に出かけられる日が増えました。

f:id:subten:20160227172123j:plain

今のうちに、とお洒落なカフェにも足を運んだり・・・。

(ちなみに、写真に写っているのはカフェオレ。普段はノンカフェイン飲料を飲むよう意識していますが、外食の際はカフェインが入った紅茶やカフェオレを飲むこともたまにあります。我慢しすぎず、ストレスを溜めないことも大切かと思います。)

 

お腹がもっと大きくなってくるこれからを考えると、妊娠6ヶ月目って過ごしやすい時期なんだろうな〜と改めて思います。