夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

添活が夫の妊活には大事らしいです

夫婦で妊活ブログ、だいぶ更新が空いてしまいました。。

先週は、しるみのご両親への親孝行温泉旅行などまったり過ごしてました。このブログを書いていくことで夫婦の備忘録にもなるのでそろそろ再開しようと思った次第です。

今回は、しるみに勧められた放送作家の鈴木おさむさんの妊活ダイアリー fromブス恋の読書感想文を書いてみたいと思います。

鈴木おさむさんのアメブロの妊活ブログ、すごい人気ですよね。

《夫 妊活》と検索してみたら真っ先に出てきますし。しるみは日々スマホでブログをチェックしているようです。

 

しるみはその他にも、図書館や本屋などに出向き寝ても覚めても妊活本を読みあさっており、日頃の食生活などを十分すぎるくらい気をつかっています。

情報過多すぎて気疲れしないのかなと心配もしてます。

本人的にはそれが気分転換になるのだそうです。。思いつめない範囲で好きにしてくださいといったところでしょうか。

 

稽留流産自然排出に関するみなさまのコメントにもマメすぎるくらい返信していて尊敬の念すら覚えます。

 この本、しるみが発売日に買っていた本なのですが、ずっと読むのを先延ばしにしていて先日読みました。

 奥さんの森三中の大島美幸さん、そして先日生まれた長男の笑福(えふ)くんが本の表紙を飾っています。

妊活ダイアリー Fromブス恋

新品価格
¥1,296から
(2015/10/15 11:23時点)

妊活における添活(そいかつ)って何?

本の詳しい内容はこれから読むのを楽しみにしている方も多くいらっしゃると思うので割愛させていただきますが、超売れっ子放送作家さんの妊活本なだけあってほっこりしつつ少し笑いを入れてみたりとストーリー調になっています。

 

1点、印象に残った言葉として添活(そいかつ)というものがありました。

これからまた再度子どもを授かる機会を持った時、しるみは相当つわりで苦しむのだと思います。あと相当イライラしてくるんだと思います。

 

今年の2月がまさにそうでした。私もはじめての経験なため、どう対処していいかわからずアタフタしていたのを覚えています。

なので今回は泰然自若というんでしょうか。どーんと構えて寄り添う(添活)ことに徹しようと思います。

一応九州男児らしく、カチンとくることを言われても寡黙になろうと思います 笑

 

前回は、大の苦手な料理なども無理して頑張ったことで相当疲れましたが、そこは別の方法などを駆使して栄養のある食事を食べさせてあげようと思います。

夫として責任感にかられてあまりなんでも気負いすぎず、できる範囲の家事は行って添活に努めようと思います。

 

妊活ダイアリーは、妊活にちょっと疲れた時の清涼剤としてオススメの本です。