夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

旬の食べ物を食べるということ

先日、祖母の家の庭で摂れた夏野菜たちが沢山送られてきました。

f:id:subten:20150731104103j:plain

トマト、ミニトマト、ピーマン、きゅうり、茄子、じゃがいも

 

普段から買い物する際、なるべく旬のものを買うように意識していますが、温室栽培などの農業の発達のおかげで、一年中スーパーに旬ではない野菜や魚が置いてあることが多々あります。

ですので、旬なものを見極める知識が必要だな、と最近感じております。

 

そもそも、何故旬なものを食べるのがいいのか。

私も、妊活中の身になり、食事に気をつけるようになってから知ったことなのですが、旬な野菜は、そうでないものと比べて栄養素が2〜3倍も含まれているんだそうです。

先述しました通り、栽培技術が発達した影響で、多くの野菜はいつでも手に入れる事が出来るようになりましたが、味や栄養分はやはり自然に逆らわず栽培されたものにはかないません。

ビタミン、ミネラルをはじめとする栄養素が2〜3倍も違うのであれば、きちんと旬な野菜を見分けて食事に取り入れるようにしていきたいと思います。

 

 

祖母の野菜を早速調理。

f:id:subten:20150731105152j:plain

定番中の定番、夏野菜ドライカレーやラタトュウユなど作りました。

f:id:subten:20150731105240j:plain

f:id:subten:20150731105255j:plain

生サラダにしたり、麻婆茄子にしたりピーマンの肉詰めを作ったりと色々楽しませてもらいました。

 

ちなみに・・・

旬な野菜を簡単にまとめてみますと・・

●春の野菜:冬に溜まったデトックス効果のある成分が多く含まれているのが特徴。

アスパラ、セロリ、菜の花、新タマネギ、たけのこ、ふきのとう、山菜など

●夏の野菜:色が濃く、抗酸化作用が強い事が特徴。

なす、ゴーヤ、ピーマン、トマト、トウモロコシ、スイカ、パプリカ、かぼちゃ、枝豆など

●秋の野菜:冬にむけてのエネルギーを蓄えるために、身体を動かすための糖質が多く含まれているのが特徴。

人参、さといも、サツマイモ、ごぼう、れんこん、春菊、きのこ等

●冬の野菜:寒さから身を守るため、身体を温める野菜が多い。

水菜、白菜、大根、ねぎ、カブ、小松菜、ブロッコリーなど

 

こうしてみると、まだまだ知らないことが沢山あることを実感しますし、なんだか野菜への愛しさまで沸いてきてしまいます。

 

旬なものを食べる。

そのためには、まず知る事。

健やかな身体を維持するためにも、大切な食べ物に歩み寄る努力をしていきたいと思います。