夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

夫として抱える妊活プレッシャーに向き合う

こんばんは、ボヨです。

今日は夫の視点で妊活中に抱えるプレッシャーとの向き合い方について書きます。

稽留流産自然排出からはや4ヶ月、日々の体づくりや食生活などいろいろ気をつけてきましたが、毎月の排卵日に近づくとプレッシャーを感じずにはいられない自分がいます。

頭ではわかってても、またうまくいかなかったらどうしようと考え悩む自分がいるのも事実です。うまく排卵日に最高品質の精子を準備するというのは試練といっても過言ではありません。万が一、ずれた場合その前後数日間持続しなければならないわけですから、結構な体力勝負です。

先月は、2人で婦人科のお医者さんのところにいって排卵予想日を聞いてきたのにも関わらず2日は確実にずれていました。。

しるみの排卵検査薬と妊娠検査薬間違いの笑い話もありましたが、

それにしても頼むよ、、、先生( ;  ; )

 

そんな先月の反省も踏まえつつ、亜鉛、葉酸、マカと妊活によいと言われる成分は自分なりに摂るように心がけています。

最近は、フルミーマカ ミウという国産のマカと葉酸が配合されたサプリも試しているところです。

ベンジルグルコシノレートという成分がペルー産のマカよりも圧倒的に多いらしく、男性の性ホルモン分泌機能を増強する働きがあるそうです。

4ヶ月間の継続利用で、精液量・1回の射精液中の精子数・運動性精子数・精子運動性のすべての数値において増加したという結果が出ているとのこと。

どうしても期待せずにはいられません。

 

亜鉛はこちらのサプリを継続飲用しています。

www.fufu-ninkatsu.com

 葉酸は、GMP基準をきちんとクリアしており厚生労働省が推奨しているベルタ葉酸サプリを飲んでいます。

www.fufu-ninkatsu.com

 

趣味のトライアスロンのロードバイクは股間を圧迫するから精子量が減少する、ジムのサウナなど暑いところに身を置くと精子量が減少するなどしるみにつとつとと諭され、いろいろと自粛もしているのが現状です。

それでも、可愛い我が子をだっこするためだと割り切って妊活に日々励んでいます。

 

ロードバイクができないのであれば、スイムやランニングをすればよいわけなので、来年以降の機会に備えて日々運動は続けていきます。

すぐに状況は好転しないかもしれませんが、日々できることをやってプレッシャーに打ち勝っていこうと思っています。

 

あとは、妊活妊活と意気込みすぎないように、しるみの数少ない趣味である食べ歩きと旅行に付き合ってリラックス時間を多く作ろうと思います。

早速8月は北海道の富良野・美瑛を中心にドライブの旅に出かける予定です。

私は、北海道中部はいったことがないので今の時点からとてもワクワクしています。

ご飯はスープカレーや黒ジンギスカンなどが有名だそうです。

 

そんな感じで、同じような悩みを抱えている旦那様がいらっしゃいましたら、まず夫婦のリラックス時間を作ってみることをご提案いたします。

自分に言い聞かせる意味でもありますが、あまり気張らずいきましょう。