夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

排卵痛と排卵出血

先日、稽留流産→自然排出後の自分で感じる子宮の変化と不正出血についての記事を書きました。

www.fufu-ninkatsu.com

 

結局、不正出血は2日間程続き、初日は生理終わりかけのような茶色っぽいものが少量でしたが、翌日は鮮血色の血が少量下着に付着・・・。

時期的には排卵日前だったので、排卵出血の可能性が高いのかな、とも思いつつ心配で仕方なかったので、本日産婦人科に行ってきました。

 

結果、エコー上問題はなく、排卵出血だろう、とのこと。

現在まだ排卵していません。

排卵出血とは、排卵時に出るものだと思っていたのですが、必ずしもそうではないのでしょうか。

ちなみに、排卵前に出るエストロゲンが減少することでもホルモンのバランスが崩れて出血したり、強いストレスを感じても女性のデリケートなホルモンバランスに影響して出血することもあるそう。

いずれにしても、量が増えてきたり、続かなければ大丈夫とのこと。

しるみの場合は、エコー上問題なしということからの上記の医師の判断ですので、不正出血が起こっている女性全てがこれに当てはまるわけではありませんので、少しでも気になることがあればコマメに産婦人科に足を運ぶことが大事かと思います。

 

子宮の異常を観察する他にも、排卵日の予測もしてくれました。

今回は左側の卵巣から排卵がありそうで、現在17ミリと。(大体20ミリで排卵します。)

明日の夜か明後日の夜に排卵すると思う、とのことでした。

ちなみに、自宅に戻った後、排卵検査薬を使用してみましたが、結果は陰性。

しるみの使用している検査薬は12〜24時間前からホルモンを感知するものですので明日あたり陽性になるのでしょうか。

排卵日の特定は出来ましたが、いい機会なので、排卵検査薬の精度と信頼性を知るためにも明日以降も検査薬を使用してみたいと思います。

 

 

不正出血の他にも、稽留流産後は子宮の存在を以前より感じる、鈍痛のような痛みも断続的にあると相談したところ、「やっぱり頭では流産したと納得したとしても、体はそうじゃないのが普通だと思う。実は気づいていないだけで流産は結構しているものです。育つのは本当にいい卵だけ。10回に3回の確率です。」とお話してくださいました。

なんとなく、心が軽くなったような気がします。

 

稽留流産を経験してからというもの、排卵痛というものを感じるようになりました。

以前が鈍感だった、というよりは、きっと今が敏感になりすぎているからかもしれません。稽留流産を経験して、もしかしたら体質が変わっているのかもしれません。

確かに以前よりも子宮の存在を感じれるようになりましたし、時折感じる左側のチクチクする痛みから、左の卵巣ってここにあるのかも・・と考えるようになりました。排卵期の敏感な時期に、膀胱に尿がたまると子宮が圧迫される気がして違和感を感じることもあります。

自分の身体の発するサインを感じることで、今まで以上に自分の身体と向き合う事ができている気がします。

以前とは違う小さな身体の変化です。