夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

今日の妊活ごはん(レタスたっぷりのひき肉ごはんともずく酢)

f:id:subten:20150527212701j:plain

f:id:subten:20150527212721j:plain

f:id:subten:20150527212741j:plain

  • レタス多めのひき肉ごはん
  • ほうれん草とツナ・卵のサラダ
  • もずく酢
  • 温かいルイボスティー

摂取した食材は、米、玄米、十六雑穀、レタス、ひき肉、パプリカ、新タマネギ、ニンニク、生姜、マヨネーズ、卵、ほうれん草、ちくわ、ツナ、もずく酢、きゅうりの16種類です。

もずくは、味付けが一切されていない添加物ゼロの自然なものを購入しました。

f:id:subten:20150527213705j:plain

 

●意識した点

  • 冷蔵庫の中にあったレタスを消費するため、サラダ風ご飯に。ひき肉とパプリカ、新タマネギを甘辛く炒めて上にかけて食べました。ひき肉で動物性タンパク質を摂取。
  • ほうれん草は、成分の損失を最小限にするため、茹でるのではなく蒸しました。ゆで卵、ツナ、ちくわを少量のマヨネーズと醤油で和えてサラダに。ほうれん草にはビタミンC、ビタミンE、鉄分やβカロテンの他、妊活中の女性が積極的に摂取したほうが良い葉酸も含まれています。ほうれん草に、高タンパクな卵、ツナ、ちくわを加えて、さらに栄養価を高められるように。ちくわは魚のすり身なため、良質なタンパク源であるほか、DHA、EPAといった不飽和脂肪酸も含まれています。高タンパクかつ低カロリーでコストパフォーマンスに優れているちくわは、お弁当に入れたりと使い道も豊富でありがたい食品です。
  • 旬の天然もずくを購入し、酢とカボスポン酢、キュウリを混ぜて酢の物にしました。お酢は疲労回復効果や肥満予防効果等が期待できる調味料ですが、なかなか料理にアレンジするのが難しい調味料でもあります。お酢のレパートリーを増やしたいこのごろです。(お酢といえばピクルス。今度、ピクルスに挑戦してみようと思います。)もずくの主成分はフコダインという食物繊維の一種で、免疫力の向上や抗酸化作用、保湿力にも優れているため女性には嬉しい食材です。旬な時期に旬なものを頂く、というのが身体のために一番いい食べ方だと思います。