夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

今日の妊活ごはん(カブづくしの夕食)

f:id:subten:20150523203700j:plain

f:id:subten:20150523203721j:plain

  • 玄米と十六雑穀ごはん
  • カブのお味噌汁
  • カブの葉の炒め物
  • カブと厚揚げの煮物
  • 新タマネギとパプリカ・ツナのサラダ
  • 温かいルイボスティー

摂取した食材は、米、玄米、十六雑穀、カブ、カブの葉、胡麻、鰹節、厚揚げ、人参、春菊、新タマネギ、パプリカ、ツナの13種類です。

 

カブが安かったので3束購入。3束でなんと98円。

新鮮なうちに使い切りたかったので、本日の夕食はカブづくしとなりました。

 

●意識した点

  • カブは白い部分が淡色野菜、葉の部分が緑黄色野菜と2種類の野菜に分かれている珍しい野菜です。そのため、白い部分よりも葉の方に栄養素が多く含まれています。ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、鉄、食物繊維が含まれていますので、捨てずに上手に調理するのがポイント。今回は、葉の部分を細かく刻み、胡麻と鰹節を加え、唐辛子、醤油に酒、ダシでピリ辛に味付けし、ご飯にかけるふりかけを作りました。ボリュームが出るので、ご飯の摂取量が減ります。
  • カブの白い部分は、消化促進作用があるのでなるべく生で食べるのがオススメだそう。今回は、厚揚げと人参、春菊と一緒に煮物にして頂きました。厚揚げでタンパク質を摂取。
  • 新タマネギ、パプリカだけでは寂しいので、動物性タンパクのツナ缶をプラスして旨味を出し、栄養価を高めました。ツナ缶は、どんなレシピにも簡単にマッチしてくれる大変優秀な缶詰なので、必ず常備するようにしています。ツナ缶にはマグロやカツオが使われていることが多いため、DHA、EPAを豊富に含まれています。サラダの他にも、パンやご飯、炒めものやスープなどアレンジも様々出来るのが嬉しいところです。