夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

今日の妊活ごはん(野菜多めの豚肉の生姜焼き)

f:id:subten:20150518195738j:plain

f:id:subten:20150518195758j:plain

  • ひじきご飯
  • 舞茸と新タマネギのみそ汁
  • 豚肉の生姜焼き
  • 納豆とおかか
  • 温かいルイボスティー

摂取した食材は、米、十六雑穀、ひじき、舞茸、新タマネギ、ニンニク、しょうが、豚肉、赤パプリカ、春菊、納豆、鰹節の12種類。

 

●意識した点

  • 玄米を水に浸しておく時間が無かったので、十六雑穀にプラスしてひじきをそのまま炊飯器へ入れて炊きました。醤油等で味付けはせず、ひじきの風味をそのまま感じられるように。塩分も控えめに。ひじきを入れる事で、ミネラルもたっぷり摂れますし、そのままお弁当に入れても色鮮やかになるのでオススメです。
  • 豚肉の生姜焼きは、いつもですとタマネギと豚肉、生姜とニンニクでシンプルに作る事が多いのですが、今日は品目を意識して、赤パプリカ、春菊、舞茸も入れ、お肉より野菜多めで作りました。豚肉で動物性タンパクをしっかり摂るように。豚肉はビタミンB1が豊富に含まれており、疲労回復が期待できるそう。春菊は出来上がりの直前に入れてサッと火を通すのみで、食感を大事にしつつ栄養素を奪わないように。春菊は緑黄色野菜ですので、βカロテンの他、ビタミン、カルシウム、食物繊維、鉄と栄養素に富んだ食材です。ほんのり苦みのある味が良いアクセントになり大好きです。緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンには抗酸化作用が期待できるので引き続き積極的に摂っていきたいと思います。
  • ひきわり納豆だけではなんとなく寂しかったので、上に鰹節とだし醤油をプラス。良質なタンパク質×良質なタンパク質でより栄養価を高められるように。