夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

今日の妊活ごはん(大豆イソフラボン多めで)

f:id:subten:20150514201303j:plain

f:id:subten:20150514201331j:plain

  • 納豆ととろろの卵混ぜご飯
  • 蓮根のお味噌汁
  • こんぶと大豆のうま煮
  • 出し巻き卵
  • 温かいルイボスティー

摂取した食材は、玄米、十六雑穀、納豆、とろろ、卵、みょうが、おくら、蓮根、味噌、あおさ、こんぶ、ちくわ、大豆、薄揚げの14種類です。

 

●意識した点

  • 白米+十六雑穀→玄米+十六雑穀に変更。玄米は白米と比べてビタミン・ミネラル・食物繊維の含有量が多いのが特徴です。玄米は、健やかな身体を維持するために必要な栄養素がほとんど入っているため、完全栄養食、と呼ばれています。ただし、玄米はそのまま炊くと芯が残り固くて食べづらいので、24時間以上は必ず水に浸して十分に水分を浸透させてから炊くようにしています。白米:玄米を1:1の割合で混ぜるとより食べやすくなるのでオススメです。ちなみに、余裕がある時には、玄米を多めに炊き、寝かせ玄米を作るようにしています。寝かせ玄米とは、炊いた玄米を炊飯器でそのまま保温にして寝かせておくこと。4日間くらい寝かせると、本当にモチモチしたお米になりますが、1日でも十分ふわっとした美味しい玄米になります。
  • 玄米の上に、納豆・角切りにしたとろろ・卵・醤油を混ぜたものをかけて、上にミョウガとオクラをまぶして食べました。タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、加えて緑黄色野菜のβカロテンと見事なコラボレーション。かつ超絶美味です。
  • 細切りこんぶに大豆、ちくわ、薄揚げを入れて煮物に。大豆はイソフラボン、ビタミン、ミネラルが豊富な良質なタンパク質。こんぶは繊維質に富み、ミネラルが豊富な海の恵みです。