夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

今日の妊活ごはん(豚汁で身体を温める)

 

f:id:subten:20150505211639j:plain

  • ひじきと十六雑穀ごはん(最近これが大変お気に入りで毎日食べてます。)
  • 豚汁(人参が無かったので、色味がいまいち。)
  • 新玉ねぎと海藻のサラダ
  • キムチと納豆
  • 温かいルイボスティー

摂取した食材は、米、十六雑穀、ひじき、味噌、ごぼう、薄揚げ、豚肉、にんにく、生姜、大根、しめじ、納豆、キムチ、海藻、新玉ねぎ、あおさ、きゅうり、鳥ささみの18品目です。

朝・昼の食材も合わせると、今日は30品目いったかな。

 

⚫️意識したこと

  • 品数が少ない分、お汁を豚汁にして、色々な野菜を摂取できるように。豚汁は味噌やごぼう、大根などの体を温める野菜が多く含まれており、豚肉でタンパク質摂取もできる最高にバランスのとれた日本食だと思います。にんにく、しょうがも沢山入れたため体も温まるし、お腹も満たされる幸せな一品です。よく作ります。
  • 新玉ねぎの血液サラサラ効果を期待して、一玉摂取。海藻とあおさもプラスして、食物繊維、ミネラル、鉄分も同時に摂取。
  • 納豆とキムチは1日1回を目安に積極的に食べるようにしています。発酵食品同士の組み合わせであり、腸内環境の整備に期待。
  • 大豆製品は、なるべく積極的に摂るようにしています。大豆イソフラボンは女性ホルモンの一種・エストロゲンに構造がよく似ているのは有名なお話かと思います。更年期症状の緩和や、生理周期の安定に一役買っており、妊活中の女性は是非摂取を心がけたい食品のひとつ。ちなみに、イソフラボンの1日推奨摂取量は約75mgだそうです。目安としては、納豆2パック、お豆腐1丁、豆乳2パックくらいで、意外と摂りやすいかと思います。色んな食品を組み合わせて摂ればよりバランスもいいですし、飽きが来なくていいと思います。