夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

妊活中だからこそしておきたいこと

妊活中の女性にとっては1周期でも早く妊娠したいものだし、1日でも早く愛する我が子に会いたいものだと思います。

しるみも、前回妊娠した際は有頂天で可愛い可愛い赤ちゃんに会える事に胸を踊らせていましたが、ふと気づいた事がありました。

虫歯の治療の途中だった事を。

元々虫歯部分の詰め物が取れてしまい、仮保護をしてもらった直後の妊娠発覚だったので、その後の治療が出来ずにいました。

仮の詰め物なので、どんどん取れてしまいどうしようと戸惑いつつも、妊娠初期は麻酔も出来ないので中期に入るまで待たなければいけない・・。

そんな杞憂も、皮肉なことに稽留流産という形で解決したわけですが。

 

今回の反省を生かし、自然排出して落ち着いたあと、しるみがすぐにした事は歯科治療でした。

妊娠すると、色々な場面で制約が出てきてしまいます。

その中でも、初期には絶対に出来ない歯科治療を優先的に行うことで、赤ちゃんをどっしり構えて迎えられる準備を今からしておく事が大切だと思います。

 

そこで、詰め物の治療をしつつ、兼ねてから薦められていた親知らずの抜歯も本日行ってきました。

2年前から先生には「生え方が特殊だから抜いた方がいいよ」とは言われていたものの、切開しなければ抜けないだろうと言われ怖かったためずっと延ばし延ばしにしてきた抜歯。しかし、親知らずと他の歯の間の隙間に食べカスが残ってしがちでそこからどんどん虫歯になっていってしまい・・・。

親知らずの抜歯なんて、妊娠中は絶対に出来ませんし、出産後も当分は出来るとは思えなかったので、妊活中の今だからこそしておくべきだ!と心を新たにし、思い切って2本抜いてもらいました。

生え方が特殊すぎてかかりつけの歯科医院じゃ抜けない、とのことで大きな病院の紹介状を書いてもらいいざ出陣。

 

それにしても大変だった・・あんなにガシガシ引っ張るものなのかと・・。ほっぺが取れるかと思った。しかも先生が「あれ?抜けないな〜根っこが固いな〜。う〜ん。」みたいなことをブツブツ言い出す始末。どんどん広がる不安感と恐怖。隣の看護師さんなんか目を背けてるし。頑張って、先生!と心の中で激しくエールを送り1時間かけて終了しました。

出産に比べれば親知らずの抜歯なんて可愛いもんだろうけど、こんな大変なこと妊娠を希望していなければ、絶対しない。

というか稽留流産を経験して、歯科治療に危機感を持たなければ絶対にしなかったし、自然排出の苦しみを味わったからこそ「抜歯くらいあの時の大変さに比べればなんだ」というようなヤケっぱちな思いが生まれ、後押ししてくれました。

何事も、勢いが大事。

痛み止めを飲んでいるので痛みはそんなにありませんが、じわじわ腫れて来ており違和感がすごいです。

 

でも終わってホッとしました。

自然排出後の生理2周期目もそろそろ来そうだし、これでようやく本格的に子作りを再開できそうかな・・と安堵。

 

ということで、妊活中にしか出来ない事を其々ピックアップし、全力で終わらせるという姿勢が大事なのかな、と。

しるみの場合は1にも2にも歯科治療だったわけです。

 

妊活中の皆様、今の自分自身をもう一度見直してみて、妊娠したり赤ちゃんが産まれたりするとしたくても中々出来ない事を妊活中の今しておいてくださいね。

しるみも、もっと他にも出来る事がないか考えてみます。

 

f:id:subten:20150501184044j:plain