夫婦で妊活.com

葉酸・マカなどの妊活サプリや日々の食生活に気をつけて夫婦で妊活をしています

初めての妊娠の時に夫が実践した4つのこと

こんばんは、ボヨです。

今日は最近頑張って記事を書いている妻しるみに代わって記事を書きます。

 

今回のテーマは初めての妊娠の時に夫が実践した4つのことです。

残念ながら、稽留流産という形で初めての妊活は終わりを迎えてしまったのですが、新米パパ候補になれた約1ヶ月ははじめてのことばかりでものすごく大変であり、充実した日々でした。

そんな私が、自分なりに考えて徹底してたことをまとめます。

  • 妻しるみのおなかを撫でてあげる
  • お風呂掃除する
  • 洗濯する
  • 晩御飯を作ってあげる

1、しるみのおなかを撫でてあげる

しるみは今も昔も、子どもをずーっと欲しがっています。

いつしか私も、しるみと一緒に妄想育児をするのが趣味になってきました。

そんなちょっとイタめの夫婦ですが、毎日おなかを撫でて元気に育ってねーと念を込めていました。

2、お風呂掃除をする 

私が自営で小さな会社を運営してるため、割と時間の融通がきくのでお風呂掃除は以前よりも積極的に行いました。

3、洗濯をする 

これも妊娠前はたまーにしか手伝ってなかったのを毎日率先するようにしました。

4、晩御飯を作る 

ご飯作りが私にとって、一番の難関でした。

弟は料理人ですが、私は料理の才能はゼロでてんでダメです。

というより、料理は作るものではなく美味しくいただくものという固定観念がありそもそも包丁すら握る機会もほぼありませんでした。

 

そんな私ですが、さすがに妊娠初期でだるそうにしているしるみを見てなんとか栄養のあるものを作ってあげねばという衝動にかられ、色々何がよいか模索してみました。

  • ケータリング?
  • 食材宅配?
  • 毎日外食?

 大きく3つの選択肢を検討していたのですが、これから約10ヶ月続くであろうことを想定して継続可能であろう食材宅配を頼むことにしました。

 

食材宅配もコープデリやヨシケイなどありますが、まずはお試しセットなども充実して気軽に調理できそうなコープデリさんで注文してみました。

 

 

コープデリさんでは、夕食宅配から具材がカットしてある料理キットまで多彩に用意されてて、1日単位で頼めるのもありがたかったです。

私はあったかいものをしるみに食べさせたい思いで、ちょっと背伸びして料理キットを頼んでみました。

 

ただ、実際の味付けなどは自分でせねばならず思ったような味付けにはならないこともありましたが、毎日キッチンの前で「おしっ!」を気合いを入れながら必死に料理を作ってしるみの帰りを待つようにしていました。

 

しるみもお世辞かもしれませんが、私の料理に喜んで食べてくれました。

今度妊娠した時も、食材宅配を利用したいと考えています。

 

以上、4つの実践したことでした。

また数ヶ月後に実践できることを願って妊活に励もうと思います。